FC2ブログ
つなごう!IFIリレーメッセージ
IFIビジネス・スクールの卒業生・在校生の近況報告や様々な話題、メッセージを紹介していくブログです!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こだわり深度
fukunaga.jpg

ファッション・リンクス 代表取締役 福永成明氏

IFIのプロフェッショナル・コースで「メンズアパレルの商品知識」をコーディネートして7年になるが、講座を重ねるごとに再認識させられるのが、メンズウエアの底深さである。とくにテーラード・ウエアやドレスシャツは、付属品を含めた素材の幅広さはもちろん、製造過程におけるわざ技が服の出来栄えに直結する、といっても過言ではない。

レディスウエアにくらべるとデザインが画一的なメンズウエアは、服地のクオリティやディテールが存在証明になりがちだが、それはほんの一部でしかない。クルマにたとえれば、いくら外観がすぐれていても車体やエンジンが劣悪だったりすれば、一流品にはなりえない。

この講座では、それぞれの分野でオーソリティと呼ばれる達人が講師となり、さまざまな服を題材にして“良い服”を解明する。講師に製造の達人は少なく、マーチャンダイザーやバイヤーが工学的な技の優劣を説くのである。ワインのソムリエが原料や製法に精通しているように、一流と呼ばれるバイヤーの造詣も深い。

ところで、もう何十年も前からメンズウエア、それもテーラード・ウエアは価格競争にさらされてきた。昔は、スーツを1着が買うと、もう1着が無料になる「もう1着タダセール」という荒っぽい商法が話題なった。その後、カテゴリーキラーがいくつも台頭し、今日では低価格で巨大チェーンを築き上げたロードサイド型の専門店が、メンズ・スーツで圧倒的なシェアを持つまでになった。

そうした一方、高級ブランドへの憧憬も強まり、中年男性を対象にしたメンズ・ファッション誌がいくつも創刊している。こうした傾向について、あるマーチャンダイザーは「テイストやグレードを使い分ける男性が増えてきた」と分析する。自分なりのドレスコードをもち、状況に応じて服装のグレードを変えている、というのである。

ブランドに惑わされず、ソムリエとはいかないまでも、服の本質に興味を示す男性が増加する。これを裏付けるデータはないが、もし、そうした傾向が出てきたのであれば、これこそがメンズ・ファッションの“成熟”といえる。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ifibs.blog62.fc2.com/tb.php/65-2c8b83ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。