つなごう!IFIリレーメッセージ
IFIビジネス・スクールの卒業生・在校生の近況報告や様々な話題、メッセージを紹介していくブログです!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近況報告
マスター・コース3期生
東レ㈱ 鈴木 健太郎


皆様、ご無沙汰しております。
2009年も明けました。
めでたいですね。
いや、ほんとめでてぇ!
何も言えねぇ!(北島康介)

昨年はチェンジの年でしたが、今年はどんな年になるのでしょう。

さて世間では派遣村とかが賑わっているようですが、
自分は安穏と会社の独身寮に住んでいます。
寮の中でいつの間にか一番長く居座っている身分になっていまして、
後輩からは「最長老」「終わってる」なんて言われながら、毎日楽しく過ごしてま
す。

こんな自分ですが、なんと会社の大卒採用応援をちょこちょこと手伝っています。

おいおい大丈夫?って声が聞こえてきそうですが、キャラが幸いしてか好評です。

意外です。

まぁ面接という訳ではなく、単純に仕事内容(やりがいと入社理由等)を
就職活動中の学生に向かって偉そうにしゃべりまくりなのが良んでしょう。、
ちょっとの自慢と生地の紹介するだけで学生は食いついてくる。食いついてくる
(笑)

ただ自分が携わっている仕事の良さを伝えるのは楽しいですね~。
会社自体の規模が大きく多種多様ある仕事の中で、生地に興味を持って貰える事自体
が嬉しいので
テンションも上がります。

今までの経歴。
自分が何故IFIを経て、この業界に入ってきたのか。
今の繊維業界を取り巻く環境。
開発の楽しさ。
これから目指すこと。

色んな事を話していると、IFIを卒業したての、
あの熟してない林檎のような甘酸っぱいも青臭さの残る情熱が蘇ってきて若返りま
す。

特に開発について話す時はアツいですね。

というのも今まで高付加価値合繊を開発してきました。
昔は安物イメージの強かった合繊も高級メゾンに採用される程です。
しかし!100年に1度とかいう不況時代になり、高級素材を使用しているから高付
加価値では無い時代。
安さありきという面で商品を求められてます。

正直大変ですが、




今まで高付加価値戦略を打ち出してきた自分の軸をぶらさないで、
何が高付加価値なのか?を今一度原点に戻って考えて開発していきたいと思っていま
す。

ただ、今の日本の生産コストを見ていると廉価品には限界あるなぁと思っているの
で、
これからのキーワードは「安い割には何か良い」

横文字で”Over-value-item” →

値段の割にはプラス付加価値(生活密着機能&感性両面)で値打ち、を感じる。
機能面 - イージーケア、暖かい、涼しい、その他
感性面 - 従来の比較的高価なウール/シルクの代替となる素材
流通面 - 今までの商流を変えていく。

なんでしょうかねぇ・・・。

講義で散々言ってたじゃないと誰かに言われそうです。

初心に帰って頑張ろうと思います。



と、まぁ真面目に書きました。
自分も社会人になったなぁって思います。
コーヒーは自分で買うようになりました(分かるヒトには分かる・笑)。
今でもIFI同期からはあのときの事を言われますが、
ようやくまっとうな?人生を歩むことが出来ています。


何も言えねぇ!(2回目)


スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ifibs.blog62.fc2.com/tb.php/112-f5a4373c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。