つなごう!IFIリレーメッセージ
IFIビジネス・スクールの卒業生・在校生の近況報告や様々な話題、メッセージを紹介していくブログです!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感性とロジック
takasaka.jpg

M&Lインスティチュート 代表 高坂貞夫氏

マネジメント・コースの講座コーディネイターを担当して10年近くなりますが、マンネリどころかますます学ぶことが楽しくなってきました。最近は理解するというより、「感じる」といった方がぴったりきます。毎年講師で来てくださる経営者や企業幹部の方たちは、常に進化していらっしゃるし、言葉の奥にある暗黙知やスピリットに触れるたびにアートか宗教に触れたような感動があります。まさに実学の醍醐味でしょうか。

最近のお客様も「心脳」とでもいうべき、頭脳と感情と魂が階層構造となった欲求水準にまで進化してきたなあと実感しています。われわれファッションビジネスの人間も、感性とロジックが高度に一体化した両義性を持たないと価値創造が難しくなってきました。

私がその変化を感じたのは80年代前半。世の中で報道されていることと、からだで感じることとがフィットしなくなったのです。そこで思い切って新聞をやめることにしました。ビジネスマンとしては怖かったのですが)近代の物質文明はカタチのあるもの、証明できるもの意外はおよそ疎んじてきたせいか、視覚以外の感性はかなり衰えたのではないかと思い、目から入る刺激をセーブすることにしたのです。もう一つは油絵を描きはじめました。油絵は写真と違って仕上げプロセスに入ると対象物はあまり見ません。最初に絵にしたいなあと感じたイメージとかシーンの世界が表現できたときに完成です。おかげでとても感性とロジックがフィットするいいバランスが取り戻せました。私流のヒューマンルネッサンスです。

ファッションビジネスを通じての学び方のコツみたいなものがあるとすれば、1.古典とでもいうか不易流行の不易の部分を学ぶ。戦略論ならポーターやハメル、ブランドならアーカーというように。また時系列でものを見ることによって変わるものと不易が見えてきます。2.次に勝ちパターンをからだで身につける。どんな職場であっても勝つとはどういうものなのかを暗黙知も含めてからだに刻み込むことがプロフェッショナルへの入り口のような気がします。3.次のステップがベストプラクティスのベンチマーキングと身につけた勝ちパターンを応用しての仮説検証のローリング。4.そして変化する現場に身を置いて、五感で何を感じるか。ファッションビジネスの醍醐味は、変化する風を読み、未来から現在価値へ割り戻すビジネス。
21世紀は、「感性とロジック」「アートと哲学」「心と脳」といった極めてホリスティックな人間復興の時代。その先行モデルがファッションビジネスでありたいと願っています。
スポンサーサイト
Happy Xmas(War Is Over)
ozawa03.jpg

ジャーナリスト 小沢ちとせ氏

1980年12月8日。この日は決して忘れることができない。ある会報誌に、1番好きなクリスマスの曲として「Happy Xmas(War Is Over)」のコラムを書き、その校正をして帰宅。テレビをつけると、信じられないニュースが目に飛び込んできたのだ。「ジョン・レノンがNYで撃たれ死亡」。あまりのショックにテレビの画像以外、真っ暗になってしまったことを、今でも覚えている。

ジョンがこの曲を発表したのは、ヴェトナム戦争が行われていた1971年。オノヨーコや子供たちと、平和を歌っている。「戦争は終わる。もし、あなたが望むなら」と。

この直筆の作詞原稿が「ジョン・レノン ミュージアム」(さいたま市)で、12月11日から来年の1月30日まで特別展示されるそうだ。2004年年末の現在、イラク戦争を筆頭に中東で、旧ソ連で、アフリカで…争いは続いている。どうも望まない人々がまだまだ沢山いるらしい。クリスマス週間の1日、このミュージアムを訪れようと思う。「War Is Over」—「Yes」と願ってきたい。そしてもちろん、今年も私のクリスマスの1曲は、この「Happy Xmas(War Is Over)」である。

♪::♪::♪::♪::♪::♪::♪::♪::♪::♪::♪::♪::♪::♪::♪♪::♪::♪

「ジョン・レノン ミュージアム」は、さいたまスーパーアリーナの中にあります。最寄りの駅はJRさいたま新都心駅。ジョンの生涯を、映像、音楽、衣装、愛用のギター、絵、イラストなどで展示。最後のコーナーにはジョンの言葉が集められていて感慨深い。60年代、70年代のサブカルチャーに触れることもできます。
ブルースへの旅
ジャーナリスト 小沢ちとせ

現在、東京都内で「ザ・ブルース・ムービー・プロジェクト」が開催されているのをご存じだろうか?
昨年の2003年は、アメリカでブルースが誕生して100年。それを機にマーティン・スコセッシ監督が制作総指揮者となり、ヴィム・ヴェンダースなど6人の監督と7本のドキュメンタリーを作ったのだ。その作品が8月末から吉祥寺、六本木などで徐々に上映され、現在4本目が上映されている。

ロックやR&Bなどが好きな人なら、必ずブルースに行き着く。中学、高校時代に最初に夢中になったのが、ヤードバーズ、ローリングストーンズ、クリームなどブルースの影響の濃いロックだった私もその例にもれない。また、素晴らしいクリエーションに出会ったとき、その源流を探る旅の楽しさを知ったのも、ブルースだった。

それぞれの監督が愛するブルースを、独自の視点から描いたこれまでの作品の内容は、多岐に渡り、とても深い。この紙面では語り尽くせないので割愛するが、かなりブルースを知っている人でも新しい発見がある。ブルースを知らない人でも、きっと心地良い体験ができるかもしれない。

なぜなら、ブルースはアメリカの黒人奴隷から生まれた不条理の歌なのだが、ブルースを演奏する総てのミュージシャン(百年前のブルースマンたちからベックまで多数出演)から演奏できることの至福の喜び、そして永遠の微笑みを感じると思うから…。
 
次回のドキュメンタリーでは、スコセッシが原点の西アフリカまで旅をさせてくれるのだそうだ。
アジアンビューティー
takaya.jpg

目白大学 人間社会学部 社会情報学科 教授 高谷和夫氏

「LOVERS」という映画を見ましたか?チャン・イーモウが「HERO」に引き続いて監督をしたハリウッドアクションを凌ぐとも評価されている素晴らしい映画です。
前作「HERO」は日本ではすでにDVDが販売されていますが、米国では現在公開中で、人気トップワンにランキングされています。
この「HERO」と「LOVERS」に出演しているのが、今注目の女優チャン・ツィイーです。
特に「LOVERS」では彼女の迫力ある演技とその美しさが際立っています。
このチャン・ツィイーをCM(音楽:坂本龍一)に起用し、ASIENCE(アジエンス)というブランドを展開しているのが花王です。花王は「LOVERS」の上映館で女性入場者にASIENCEのサンプリングを行っていました
日本はアテネオリンピックで女性を中心に大活躍しました。アジアンビューティ、アジアンテイストは北京オリンピックまで大きな流れ、大きなテーマになるでしょう。
「LOVERS」はおすすめ映画ですよ!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。