つなごう!IFIリレーメッセージ
IFIビジネス・スクールの卒業生・在校生の近況報告や様々な話題、メッセージを紹介していくブログです!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フルコーディネートの罠?!
東京大学大学院総合文化研究科博士課程 大学院生 井伊あかり氏

先日、グスタボ・リンスというパリ在住ブラジル人デザイナーの展示を見に青山の「レクレルール・トーキョー」に行った。日本のキモノからインスピレーションを得たインスタレーションだという。
ショップのウィンドウには型紙を加工した半立体のオブジェが並べられ、これはどこかマルタン・マルジェラ風味。店内にはアンティークのキモノをリメイクした美しいドレスが飾られ、居合わせたデザイナー本人が丁寧に説明をしてくれる。
ルイ・ヴィトンなど数々のメゾンでモデリストとして腕を磨いただけのことはあって、細部に至るまで計算されたシルエットは完璧で、キモノを発想源としながらもきわめて西洋的な解釈のもと構築的なものに仕上がっていておもしろい。このあたりは元建築家という出自も影響しているよう。

とても完成度の高い作品であるのは確かだが、いまいちぐっとこないのはリアリティがあまり感じられないせい?
アート的要素の強いファッションは、90年代に台頭してきたアントワープ派やアムステルダム派でもう十分、という感もある。こうした頭で考える“高尚”なファッションというのは、今の時代のテイストとは少し違う気がする。と、ぼんやり考えていたら「ティーシャツやジーンズなどと合わせることもできます」とデザイナー。そう言われてみると確かにひとつひとつはアイテム使いでカジュアルダウンして着こなせそうだし、むしろそのほうが素敵かも。デザイナーもそのあたりのバランス感覚はきっちりそなえている。

近頃、ファッションショーを見ていて現実とのズレというか、違和感を覚えることがある。それぞれのアイテムは魅力的なのに、トータルでコーディネートされて見せられるとちょっと…。街を行く若者のファッションはミックスコーディネートが主流。フォーマル/カジュアル、甘/辛、ハイ/ローとテイストの異なるものを自由自在に組み合わせ、ファッションを楽しんでいる。そういう意味ではブランドショップの店頭やファッションショーで提案されるフルコーディネート(トータルコーディネート)という見せ方自体が、今の時代感覚に照らし合わせてみると古いのか。セレクトショップの隆盛もその流れを反映しているのだろうか。…などと、さまざまに思いをめぐらせるきっかけとなるイベントだった。
スポンサーサイト
カッコ良いスキーウエア
ms-tanaka.jpg

(株)ユナイテッドアローズ 商品II部1課 生産責任者 田中康真

明けましておめでとうございます。
マスターコース一期生の田中康真です。
今年はなんと言っても冬季オリンピック&ワールドベースボールクラシック&ワールドカップイヤー!どれも楽しみですね。ガンバレニッポン!!

こんな出だしからスタートする私はもちろん、スポーツが大好きで、今もテニス、スキー、フットサルなどしながら日々のストレスを発散しています。

季節的に今、私のスポーツライフスタイルの中心となっているのはスキー。
12月は残念ながら仕事で一度も行けませんでした(涙)。
今年はサロモンのフリースタイルスキーを買って、去年購入したお気に入りのパタゴニアのスキーウエアでゲレンデに乗り込もうと思っています。

このお気に入りのパタゴニアのウエアが非常に良いんです!
[READ MORE...]
こだわり深度
fukunaga.jpg

ファッション・リンクス 代表取締役 福永成明氏

IFIのプロフェッショナル・コースで「メンズアパレルの商品知識」をコーディネートして7年になるが、講座を重ねるごとに再認識させられるのが、メンズウエアの底深さである。とくにテーラード・ウエアやドレスシャツは、付属品を含めた素材の幅広さはもちろん、製造過程におけるわざ技が服の出来栄えに直結する、といっても過言ではない。

レディスウエアにくらべるとデザインが画一的なメンズウエアは、服地のクオリティやディテールが存在証明になりがちだが、それはほんの一部でしかない。クルマにたとえれば、いくら外観がすぐれていても車体やエンジンが劣悪だったりすれば、一流品にはなりえない。

この講座では、それぞれの分野でオーソリティと呼ばれる達人が講師となり、さまざまな服を題材にして“良い服”を解明する。講師に製造の達人は少なく、マーチャンダイザーやバイヤーが工学的な技の優劣を説くのである。ワインのソムリエが原料や製法に精通しているように、一流と呼ばれるバイヤーの造詣も深い。

ところで、もう何十年も前からメンズウエア、それもテーラード・ウエアは価格競争にさらされてきた。昔は、スーツを1着が買うと、もう1着が無料になる「もう1着タダセール」という荒っぽい商法が話題なった。その後、カテゴリーキラーがいくつも台頭し、今日では低価格で巨大チェーンを築き上げたロードサイド型の専門店が、メンズ・スーツで圧倒的なシェアを持つまでになった。

そうした一方、高級ブランドへの憧憬も強まり、中年男性を対象にしたメンズ・ファッション誌がいくつも創刊している。こうした傾向について、あるマーチャンダイザーは「テイストやグレードを使い分ける男性が増えてきた」と分析する。自分なりのドレスコードをもち、状況に応じて服装のグレードを変えている、というのである。

ブランドに惑わされず、ソムリエとはいかないまでも、服の本質に興味を示す男性が増加する。これを裏付けるデータはないが、もし、そうした傾向が出てきたのであれば、これこそがメンズ・ファッションの“成熟”といえる。
ラインストーンの最近の話
SCM推進協同組合理事長/(株)繊維情報システムセンター 代表取締役 金谷範之氏


最近、商品のラグジュアリー化や差別化の手法として、『ラインストーン』を衣服につけるケースが見られる。ダイヤやルビーのような輝きの“石”(クリスタルやガラス) を使って衣服やハンドバック等に付加価値加工し、衣服に豪華さや、個性、差別化を与えるためである。
現在ラインストーンとして以下の商品が市場に出ており、それぞれの特性やファッション業界の反応は以下のようにまとめられる。

(1)ラインストーン種類とその一般的な評価

以上のような品質と特性をもつラインストーンは、価格と品質の関係で見るとこの表のようになる。

(2)ラインストーンのビジネス概況

我が国ファッション業界へのラインストーン・ビジネスは概略以下のような状況にある。
  
 ・ラインストーンの市場は今後ますます拡大傾向にある。
 ・高級品はスワロフスキー(SWAROVSKY)の独壇場。
  D社、T社等の代理店を通して販売。
 ・量産品、子供、ジーンズ向けには韓国製品が多く使われている。
 ・ヤブロネクス商品、プレチョーサ製品は日本ではほとんど出回って
  いない。
 ・多くのファッション企業が高級品にはスワロフスキー商品をつけたい
  が、価格がネック(小さなものでも1粒2円以上する)になっていて、
  その意味で需要はあるが価格面で利用幅が抑えられている。
  このことは品質がスワロフスキー商品より若干程度は落ちても、価格
  が安いという普及品があれば需要は伸びると思われるということを
  示唆している。

(3)『ローズクリスタル』の新しい試み

品質はスワロフスキー(SWAROVSKY)より若干落ちるが、価格は半額以下という“市場で抜けているゾーン”に対してP社(日本)が開発したのが『ローズクリスタル』だ。ローズクリスタルはチェコや韓国の優良メーカにOEMで、日本向けの高品質仕様で特注したオリジナル商品である。さらにガラスやクリスタルのほかにアルミや銅、アクリル性のラインストーンの品揃えを実現させている。
また、現在基本的にラインストーンの衣服への接着は、高周波で1粒づつ接着しているので作業負荷が大きく、このことが高コストに拍車をかけている。そこでP社が取った戦術は、ラインストーンを依頼者のデザインに沿って予めシートに配置しておき、そのシートごと高圧熱アイロンで衣服に接着させる『モチーフ組シート』を提供するというもので、安く容易に接着加工できるというものである。

本日の情報提供は今流行の『ラインストーン』についての話でした。
ご興味のある方、もっと詳しく知りたい方は下記E-Mailアドレスまでご一報ください。

kanaya@scm.gr.jp (SCM推進協同組合 金谷)
Chloeのパワー
ms-inoue.jpg

リシュモン ジャパン クロエ MDマネージャー 井上もと子

地下鉄のホームで見知らぬ女性に、「あなたも、Chloeのショーを見てきたところですか?」と声をかけました。
2003年の10月のパリ、全身をChloeでキメて、穏やかな満ち足りた表情をした女性でした。

Chloeの2004年SSコレクションは、見ている人をHappyにする素晴らしいものでした。テクニックやトレンドを超えた、幸せを運んできてくれるファッション。等身大のフェミニン、お茶目なセクシーさ。

当時、伊勢丹のバイヤーだった私のショーを見る基準は、まず「売れるか?」そして「どうやって売るか?」。目の前を闊歩するモデル達を見ながらも、心は展示会。アイテム別の予算の配分やら、前年実績をクリアするには?プライスラインはどうする?等、邪念(?)が飛び交う状態。

それが当たり前になっていたのに、Chloeのショーが始まった瞬間にそんな思いは吹き飛び、フィービー フィロの創り出すHappyでRelaxした世界に没頭。
喝采の中、フィービーがランウェイを端まで闊歩し幕を閉じたショーは、感動的ですらありました。

今までに味わったことのない、幸せな気持ちを誰かと分かち合いたかったのか、私は、ショー帰りと思われるその女性に声をかけたのでした。
いきなりの質問に戸惑いながらも、彼女は微笑みながら

「ええ、そうよ。すごく良かったわよね。感動したわ。」
「今、とっても幸せな気分になってません?」
「そうよね。何が一番よかったって、まだ残ってるこの気分かしらね。」

彼女はアメリカの専門店のオーナーバイヤーで、自己紹介と情報交換をかねて10分ほど話しました。
[READ MORE...]
ディスカバー!パール
PF-netsu01.jpg

東京真珠(株)祢津貴子

「MDのための商品企画の実践」講座を修了した祢津と申します。ジュエリー一般(真珠やダイアなど)をとりあつかっています。
皆さんはパールのジュエリーをお持ちですか?

パールジュエリーは定番中の定番で日本では冠婚葬祭、良家の子女風のもったりとした冒険のないイメージが強く、それ故新鮮さに欠けてしまいスタイリッシュなイメージからは遠かった。
しかし、クラシックスタイルの流行でパール自体がそのスタイルと合わせやすく注目され、見直されてきているよう。

[READ MORE...]
会社に着ていけるカジュアルウェアはないの
tanaka.jpg

タナカプランニング 代表 田中 照夫氏

百貨店の販売員の話によく出てくるのがお客からこんな質問が多いとのこと。
それは御夫婦連れでご来店され「ご主人が会社に行くときにどんな洋服だったら、スーツでなくてもいいのですか。誰か販売員の方でいらっしゃいますか。」との質問です。
これには2つのポイントがある。ひとつには大人が着るカジュアルウエアの売場がないことである。2つめは百貨店の販売員の中でカジュアルウエアを着こなしている人がいないことである。通常百貨店の販売員はスーツにワイシャツ、ネクタイ着用が義務つけられている。

2010年には団塊世代のサラリーマンはほとんどが定年を迎える。そこではスーツ、ネクタイから開放される。そして彼達は若々しく、センスのよいカジュアルウエアをもとめている。
それにもかかわらず、百貨店は売場もなければ、お客が参考になる販売員の着こなしもないというのは何故なのか。不思議でならない。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。