つなごう!IFIリレーメッセージ
IFIビジネス・スクールの卒業生・在校生の近況報告や様々な話題、メッセージを紹介していくブログです!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近況報告
マスター・コース18期生
もちお
★ IFIでの想い出を一言!★NY研修

こんにちは、18期生のもちおです。
卒業から早3ヶ月。卒業後に東京を離れて大阪のテキスタイルの会社で
働くことになり、経験のない繊維業界で日々新しいことを学びながら
の毎日は、忙しくても楽しく過ごすことができています。

そんな中、先日初出張で今話題の北陸新幹線!、、
ではなく大阪発の特急に乗って北陸の産地に行ってきました。
マスターコースでも尾州や桐生といった産地研修に行かせてもらいましたが、
合繊の産地である北陸ではまた違う生産背景を見ることができました。
ファッションだけではなく、スポーツやアウトドアウエアの主な素材でもある
合繊は、近年は特にそれぞれの分野のトレンドがお互い影響し合っているため、
ファッションのスポーツ化、スポーツ・アウトドアのファッション化が
まだまだ続くのだろうということを工場の動きからも感じ取れるのは
特に面白いと思えるポイントでした。

また、繊維を理解するには産地に行くことがとても効率的な経験だと
改めて感じましたが、その土地を愛することが各産地の製品を愛する要因の
一つになるのではないかとも感じました。
マスターコースの尾州産地研修で「味噌カツ」「ひつまぶし」を愛した私は
さらにウールが好きになりました。

もちおさん


もちおさん2

今回出張で訪れた福井、鯖江、小松を象徴するキーワードは
「恐竜」「眼鏡」「蕎麦」「田園風景」
これらにピンときた方はきっと福井の合繊も好きになれるでしょう!
東京の方は是非北陸新幹線に乗って行ってみてください。



スポンサーサイト
近況報告
マスター・コース18期生
丸久株式会社 
18期生のぴょんすこと平石 恵梨佳です。
IFIでの想い出を一言!:卒業パーティーで踊った阿波踊り

みなさんこんにちは!
IFIビジネススクール18期生の徳島県出身!ぴょんすこと平石えりかです。

さて、突然ですが皆さん徳島県をご存じですか?
徳島県は何と言っても阿波踊りで有名な県ですね。
ちなみに卒業パーティーの時に先生方もスタッフのみなさんも巻き込んで全員で阿波踊りをしたのが最高に楽しかった思い出です!

しゃしん1

しゃしん2

そんな阿波踊りが有名な徳島県にあり、父が経営するアパレルメーカーに私は4月から新社会人として会社に入社しました。
新入社員として新しい環境にワクワクする自分と、会社を支える人材にならなくてはいけないという大きなプレッシャーを感じる自分がいます。
自分は本当に会社を支えられるのか、何ができるのかと不安になることがやっぱりあります。ですが!!そんな私を支えてくれている2つのものがあります。それは、IFIで学んできた知識。そして場所は違うけど同じ業界で、最前線で頑張っている同期の存在です。

1年間、本当に恵まれた環境で厳しく先生方に教えていただいたことは、自分の自信につながり、確実に自分の力になっています。(会社の幹部の皆様からは、「さすがIFIに行っていただけあるね」と言ってもらう場面が多々ありました!!わーい)実際に仕事をしてみて、モノゴトの考え方・見方がIFIで勉強したおかげで本当に鍛えられたんだということを実感します。

そして18期生の同期の存在。
私は18期生の中では一番年下で、皆さんにおしりを叩かれながら学生生活を送りました。
そんな私の大好きなお兄さん・お姉さんがたは、会社を引っ張る存在としてファッション業界の最前線にいます。
「ああ、早く追いつかないと」と焦る気持ちもありますが、何より、おいて行かれないように努力をしなくちゃ、いつか一緒にお仕事ができるようになりたいという思いがとても強いです。自分が怠けそうになったときや、不安になったときは18期生のことを思い出します。
そんなかけがえのない仲間を作る機会を作ってくれたIFIには大感謝です!!

早く成長してIFIの講師として招待されるようにがんばります♡
最後はIFIでの学生生活での一番のお気に入りの写真で占めたいと思います。

しゃしん3





近況報告
マスター・コース18期生
株式会社髙島屋 
うめちゃん
★IFIでの想い出を一言!★
某講義課題のための漫画喫茶徹夜合宿

こんにちは。髙島屋のうめちゃんです。
少しずつ春めいてきましたが、いかがお過ごしでしょうか。
私はIFIを卒業し、念願のバイヤーになりまして、毎日忙しく
過ごしています……

先日、マスターコースは1期生から教えていただいているT先生の
事務所に、「卒業記念の会」と言い張ってお邪魔してきました。

先生の事務所は、創作センスが刺激される素敵なお部屋で
とくに本棚が!!!
非常に貴重な資料がわんさかで、興味津々にさわりまくり・・・
IMG_0777.jpg

テーブルも一枚板のこだわりの一品で
「事務用デスクでエクセルたたいてても素敵なものは生まれないよ」
という先生のポリシーを体現したものです。
IMG_0779.jpg

この日は18期生が全員集まる最後の機会でした。

春は出会いと別れの季節。
1年間、家族よりも恋人よりも時間をともにした私たちですが、
一人は大阪へ、一人は徳島へ、旅立ってしまいます。
これからは別々の道で
でも同じファッションの空の下で
それぞれがんばろうと誓い合った夜(というかもう朝)でした。
IMG_0729.jpg


近況報告
マスター・コース6期生
株式会社オンワード樫山
越智 大輔

★IFIでの想い出を一言!★
情熱と友情の日々

企業派遣生としてマスターコースに入学したのが2003年。
それと同時に私は上京し、マーチャンダイザーになりました。

↓これが現在、2014年時点の私です。
http://www.ifi.or.jp/school/zukan/manager.html

歳月を経て、業界に対する視野は拡がった分、
問題を突破していく難易度も随分上がったとつくづく感じるこの頃です。

時代の変化が激しいこの頃・・・ともよく言われますが、
それをマイナス要素として感じる時点で自らが変化していないこと、
先頭に立てていないことを認めているような気もします。
(決して今の私がネガティブというわけではないですよ。)

出来るだけ時代を変化させるほうにいたい、
そう感じてファッション業界を志したことは忘れたくないですよね。
ということは、常に変化し続ける時代の先端を感じ取り、
さらに先読みする意識と行動が必要。

つい最近胸に響いた、とある食品メーカートップの言葉・・・

「生み出した時点で最高だったはずの開発技術や商品価値も、
変化する消費者意識の中では決して永続的ではない。
必要以上の思い込みや思い入れの強さは、
自らを思考停止に陥れる危険がある。」

ファッション業界に既得権は無い。
これからも柔軟に変化や進化を続けていきたいものです。

マスターコース修了から早10年、みんな変化しているんだろうなぁ。
親愛なる6期生たちよ、そろそろ集まってみようか。


近況報告
マスター・コース6期生
川辺㈱ 飯沼 剛志


皆様ご無沙汰でございます。

リレーコラムのご連絡を頂き皆様と共に様々な事を学ばせて頂いた
時間を非常に懐かしく思い出しました。
その際には若気の至りか、非常に貴重な機会を最大限味わい尽せず
に日々を過ごした事を思い出し日々自らを律せねばと背筋が伸びる
想いです。

在籍時は百貨店に在籍しておりましたが縁あって今は服飾雑貨メーカー
でお世話になっております。
またまた業務も百貨店回りから離れ、テレビ・紙通販・Eコマース・
直営店事業の構築に携わってる次第。
まったくもって何が起こるかわからないものです。
IFIで学ばせて頂いた事が血肉になっていると信じたい…

様々な商流に携わる機会に恵まれた事により全てのチャネルの距離が
ものすごく近くなっている・また相乗の効果を与え合っている中で、
どのチャネルからの顧客リーチでもその後の繋がりを如何に構築して
いくかによりモノ・コンテンツの価値向上が成されていく目に見えない
流れを実感しています。

明確な効果測定が見出しづらい部分ではありますが、その部分を
立体的にイメージしつつ構築していく事が楽しいのです。

近況報告
マスター・コース5期生
㈱大丸松坂屋百貨店 森長太一

【皆様毎度、否、ご無沙汰いたしております。】

もう10年以上経ちますか、その間のみずからの成長のなさに
しばし愕然としておるところです。

在籍時はビッグバイヤーになって傾きかけた業界の人柱に
なってやる、というような言動もあったようななかったような、
若いってほんとに素晴らし恥ずかしいですね。

自分で作った究極 のドレスパンツを、大阪から連れてきた
彼女に着せて(今の嫁です)プレゼンする、という
メチャクチャな卒業発表を終えて社会復帰しました後は、
「恥ずかしがり屋なのに目立ちたがる」性格と、
「女の子は嫌いではない、いや本当は大好きだ」という嗜好性が
災い及び幸いして、当時は思いもしなかったマネジメント職を
務めさせて頂くこととなり現在に至っております。


直近では大丸松坂屋心斎橋店営業1部というところで
マネージャーをして居ります。
婦人服畑ではないのかと問われますと、つまりは我が社は
新百貨店というビジネスモデルを標榜しており、昔の婦人やら
紳士やら雑貨といったカテゴリーは今や無くなっております。

そんな、百貨店でもSCでもファッションビルでもない
寄るべない荒野で、ネットメーカーとしての牙城を守る
七人の侍のつもりで、わが身を奮い立たせて仕事をしている毎日です。
なんのこっちゃですね。

近況で申しますと、2人おりますチビどもの小学校のPTA会長を
させて頂いたり、資格試験に浪人したり、少年野球チームの押し掛け
コーチをしたり、同窓会の幹事をしてみたり…
ぜんぜん仕事と関係ないことのほうに精力を傾けている感が否めません。
しかし、40歳を目の前にして、人生の前半戦を自分なりに悔いなく
過ごそうと、無意識に公私幕無し貧乏暇無し路線を走っているようにも
思われ、そんな自分をあえて放置致しております。

特にPTAの方は、今まで仕事では対象顧客としても同僚としても
あまり接点がなかった「同年代以上の、子を持つ女性」と
仕事をすることとなり、彼女たちのポテンシャルの高さと
絶妙なバランス感覚を肌で感じて、これこそ日本の誇る
大切な資産なのではと認識するよい機会となりました。

IFI同期の奥住君あたりに政治家になってもらって、
そのポテンシャルを地域やら国のために活かす道を付けて
もらえないか秘かに案じております。
その時は秘書として雇って貰おうと思っています。
これまたなんのこっちゃ。


何はともあれ、IFIで学ぶことは単なる
お勉強の知識詰め込みではありませんでした。

自分で疑問を持ったことをとことん深掘りしていくことを
許す機会と時間とツールを与えて頂きました。

また、クラスで取り組む課題には、無垢な一般生と、
クセとアクの強い企業派遣生がひとつの組織として有機的に
機能して成果を出すようにせねばなりませんでした。

そんな中で、私のようにIFIに行かせて頂いたことによって
己の天分を知り、夢にピリオドを打ち、その後の人生を修正できる
場合もあります。

すべては本人の気持ちひとつ、そして、そんな者たちに
説教するでもなく、かといって無視するでもなく、
そっと寄り添って見守ってくれるのがIFIだったし、
そこに昔も今もIFIの最大の存在価値があるのだと思っています。

以上、取り留めのないお話しばかりで恐縮ですが、
森長の近況ご報告とさせて頂きます。

皆様の益々のご活躍と、インキュベーターとしての
IFIの更なるご発展を心よりお祈り致しております。

乱筆乱文にお付き合い頂き有難うございました。


近況報告
マスター・コース5期生
藤森 崇之

皆様、初めまして&ご無沙汰しております。

IFI卒業後にリアルやNETの小売などの様々な仕事を経て、
現在は中国上海にて勤務しております、5期生の藤森です。

太田さん、昨年のリレーメッセージにて上海転勤のお祝いをご掲載して
下さいましてありがとうございました!

さて私は現在上海にて、アパレルのOEM/ODMやNETコンサルなど様々なことを
行っておりまして、ここでは簡単ではございますが、中国独自のNET概況等に
ついて述べさせて頂ければと思います。


中国でのNETユーザーは2012年末時点で総人口の42.1%の5億6400万人、
モバイルNETユーザーは4億2000万人で、
NET利用者の約75%はモバイル機器を利用しており、年々大幅に増加しております。

しかし2009年からFacebookやTwitter、時折Googleなどのサイトや動画、
画像などは国で規制をかけており、通常では閲覧する事が出来ません。
(最近一部自由貿易区で規制緩和をするような動きはありますが。)


そこで現在中国のNETでは、それぞれ独自のプラットフォームが発展し
用いられております。

検索エンジン・・・百度,360搜索など

SNS・・・微博,微信など

動画メディア・・・优酷,爱奇艺など

Eコマース・・・淘宝,天猫など

中国の人口やNETユーザーの多さに機会を考える方も多いかとは思いますが、
これら中国独自のプラットフォームの特徴を理解・駆使し、
初めて中国内での販促・販売のスタートラインに立てると言っても過言ではなく、
そこからその他応用が必須となります。


また別の視点では、中国は大陸として広大ということもあり、
販売代行や代理商などが各地で多数存在しており、
『人脈』が大変重要となります。

中国の方々は思っている事をハッキリと言葉に表す方が多く、
親しみやすい方も多いので、
その場その場の感性を大切にしている私には幸いにも合っているのでは
ないかと感じております。

藤森さん元画像
(写真は、会社から見える風景になります。)

上海は今もなお、めまぐるしい勢いで街並みや
NET上で変化が起きております。

私は『想い』という言葉が好きなのですが、
中国語で『想い』の『想』は動詞の前につくと
『~したい』という意味があります。

国籍問わず、これからも『想い』は多くの方々と共有できると信じ、
勢いに流されず、一つでも多くビジネスになる様行動して参りたいと思います。

【不分国籍,今后的想发是:大家相互理解,不被社会发展的趋势冲走,我想马上行动,预备做多种商务。】


以上、今後とも宜しくお願い致します。

皆様もお元気でお過ごし下さいませ!

请多关照,谢谢!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。